群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も精一杯に生きます。
自分の持てる力を発揮し
関わる人と共に、幸せになります。

昨日に続いて、患者様との話のなかから気付き。

その他か、もう成人ですが、
歯ならびがやや不正です。

どちらかというと、
上の歯並びが狭く、
下の歯並びが大きいタイプ。

通常の態壁(悪癖)だけだったら
上下の歯に問題が出るはず。
しかも小さくなる傾向にあります。

が・・・

下は大きいのです。

幼少期の食事のとり方の問題を指摘させてもらいましたが、

話を進めると・・・

とても早食いで、
よく咬んで食べるってことが出来ない・・・

との事。

もちろん、歯並びが良くないので咬みにくいのかもしれません。
が、

歯並びが悪くなる要因があるはずです。

しかも、
本人は良く咬みたがっている大人です。

気付いた今では、
改善するには、相当の介入が必要です。

昨日の続きではないですが、
幼少期の離乳食から通常食への移行が早いと、
子供は丸呑みをしてしまいます。

その習慣は
継続され、歯並びに影響していきます。

大人になっても、
その習慣は歯並びが悪いために、
改善ができません。

悪循環に陥ってしまいます。

まだまだ先入観や自分の感覚の話しかできていないのです。
仮説の域を出ていません。

が、もう少しつめて行きたいと思います。

「前を見る。遠くを見る。」

原因があり、結果がある。

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!