dd065029.jpg群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

知り合いの先生と衛生士さん
がお書きになった本です。
(と言っても、ご存知の方が多いはず)
W歯科医院のブログはこちら。
http://ameblo.jp/nabedc/

お申し込みは以下から。
http://www.dental-diamond.co.jp/shop/items/280?ZID=95e5313f8253dfaa34c6b6fe4bf805cc
是非是非!

印象に残ったのは
前書き(はじめに)とあとがき(おわりに)かな。
(おっと、そこしか読んでないわけではないぞ!)

・再喫煙しても、禁煙した方で後悔した方はいない。
・“禁煙したい”方をどうやって応援しよう、と考えること。
・変えたくないと変えられない。
・変えたくない人にいくらどんなことをしても変えられない。

それだけでも、僕自身が楽になりました。
禁煙させなきゃ!すべての人を!
そりゃ~理想かもしれないけど、禁煙したい人の支援でいいのね。
そんなことだけでも目からうろこ。

それから、
「何を言っても言わなくても、自分に不利益なことは起きない」関係つくり。
「患者様自身が禁煙したい、と思ったとき、その思いを言葉にできる環境を整えておく」
「否定しても患者様の“禁煙しよう!”という気持ちには結びつかない」
「徹底して聞く」
「気持ちさえあれば足りない知識や技術は自然と補われるもの」
などは、医療従事者として気づかされる言葉でしたね。

筆者もまだまだ勉強中。
反論して「努力しないでも・・・」と切り返してしまった。
などなどは、とてもW先生らしいな~って思います。
と言う私自身も勉強と相手に反論せずに聴く姿勢を持ちたいものです。

あとがきにある
「知っている」から「やっている」へ
はとても印象的であると共に、自分にもいい聞かせている言葉。
「知ってるよね~、知ってるもんね~」
だから?何かしたの??って言いたくなっちゃう私。
自分ができていないのに、まだまだです。

禁煙支援がとても、軽くなり、
やってみたいって思う本でした。
スタッフも是非読んでくれるとうれしいです。
あすなろ歯科も、もっと、禁煙支援を取り入れていきましょう。

「前を見る。遠くを見る。」

全ての人にはそれぞれの価値観がある。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!