789f6b99.jpg前橋市 インプラント歯科 群馬県 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

さて、ディズニーネタもそろそろ終わりに。

最後に寄らせていただいたレストランについて。
ディズニーランドのワールドバザール内にある
れすとらん北斎

ディズニー内で唯一(?)の和食レストラン。
数年前に1度兄達夫婦と一緒に入りました。
今回2度目。

1回目は何も意識していなかったので、
何にも気付きませんでした。
ちょっといい値だね~ってくらいで。

でも今回見ていると・・・。

誰も止まっていません。
キャストが常に動いているもです。
もちろん、ただバタバタ動いているのではないですよ。

お客さんに目を配り、動きをみて、食器を見て、グラスを見て。
ま~ほんとにすばやい。
誰1人として、止まっている人がいないのです。

そして、お客様が優先である動き方でした。

私自身、ついつい、仕事をしていると
自分達の仕事に一生懸命になり、
作業を優先し、患者様が見えなくなる事があります。

どんなレストラン、どんなホテルでも、
(それはディズニーランド内でも)
必ず、止まっている人がいます。
へたをすると、スタッフ同士で立ち話・・・。なんて風景も。

でも、この北斎は違いました。

全てのスタッフがお客様に語り、
動きを止めず、お客様に気を配っていました。
すばらしい!!
(ちょっと笑顔が少ないと感じてしまった事が残念)

そんなわけで、また質問タイム。

「ここのスタッフさんは動きがすばらしいですが、どのように研修しているのですか?」

おそらく私より年上女性は飛び切りの笑顔で答えてくださいました。

「2ヶ月間先輩について研修します。」

私は思いました。
きっと研修システムやプログラムよりも、
その職場にある、仕事観や理念のようなものが根付いているのではないか?

笑顔ももちろん大切ですが、
何のために、その仕事をするのか、
お客様にどのように接していくのか?
その職場は何のために存在しているのか?

そのような事が、スタッフ全てに共通認識できたら、
きっと職場は統一感のあるものになっていくのではないだろうか?

うちのスタッフの研修報告を楽しみ待っています。

「前を見る。遠くを見る。」

ディズニーランドで学んだこと。

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!