ca20379b.jpg群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
こんにちは。

以前、けんちゃん先生が紹介してくれていた本です。

人それぞれ響く言葉が違うものだな~なんて
自分でまとめながら、けんちゃん先生のブログを読み直して思います。

本の中に
「・・・たい」の奴隷。
という言葉が載っています。

○○したい・・・。
こんな仕事がしたい・・・。
事業をしたい・・・。
△△したい・・・。

「したい。」だけで動けない。

動く人は
「おかげで・・・」って言葉を使います。

脳性麻痺のおかげで・・・○○できる。
入試に落ちたから・・・・できる。
小児麻痺のおかげで・・・。

感謝っていう事でしょうね。

ここを読み、
僕が思うのは、
「○○だからこそ。」に繋がってしまいます。

入試に落ちたからこそ、○○できる。
失敗したからこそ、これに気づける。
上手くいかないからこそ、・・・できる。

だからこそ・・・。

「だからこそ」って自分の現状への感謝の姿勢なのかもしれないなと。

東井先生は語っています。

死刑囚の方でも、最後に人の役に立ちたいって。

どんなに良い子でも
自分の人生を自分で粗末にする人のことを「バカ」っていう。

どんなにつまらないことでも、ここまで続けたという自慢話。
これが、本物。
本物は続く。

自分を生かしてくれてる現状に
大きな流れがあるそうです。

僕はまだまだ感謝がたらない。

人生時間を大切に、
「だからこそで」10年後を意識して進みたいです。

「前を見る。遠くを見る。」

生き急ぐわけではないが、
自分の人生のろうそくが消える前に、1つでも良いことを。

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!