5593768b.jpg群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

数年前から考えていることであるが、
中小企業として歯科医院の社長である私はどのようにあるべきか?

歯科医師といえども、
1つの企業の社長である。

社長の姿勢や態度、人間性で、企業は大きく変わってくる。

昨年から聞いている戦国武将に学ぶ経営戦略などでも
同じ様な事が述べられているが、
社長は先頭に立って戦え(本では戦えとは言っていません。)。

実施は任せるが、責任は社長が取る!
必ずやりぬく姿勢、先頭に立つ姿勢が人を動かす。
社員からの百聞は社長の一見にしかず。
ワンマン経営OK!但し、すべての責任は社長にある。
などなどが伝えられています。

そして、
社長が社内にいる限り、管理者は育たない!人材は育たない!
とまとめられています。

僭越ながら私もこの考えに同意します。

やはり院長がいつまでも社内にいたのでは、
人材の芽を摘むんでしまう可能性が高いと思います。

人を育てるのは、人にしかできません。

自らを磨くのみです。

「前を見る。遠くを見る。」

と言うわけで、
トイレ掃除再開します!

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!