65cdea9d.jpg群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

本日は休診。
昨日も日曜日休みで、朝寝坊+昼寝付きでお休みでした。
世の中はどうなっているのだろう?

今日の本。

ちょっと前に読んだのですが、
まとめを。

ガンになって、良かった事は?

こんな質問を投げかけられて答えられる方は
あまりいらっしゃらないと思う。

では、

病気になってかなえられなかった事で、出来るようになったことは?
もしくは病気になって、断れるようになった事は?

先日も書きましたが、
ガンは自分の心の持ち方が重要。

簡単に言えば、ストレスってことでしょうが、
周囲への不満や敵意などが
免疫力を低下させ、弱いところに病気が発生させられると考えられます。

逆に言うと、ストレスを避けるためにガンになると考える事も出来る。

ですので、
病気を理由に公然と断ってしまえる事ができてくる。
その上で、
病気を使わずに、その状態をかなえる事が病方立ち直る方法と
心に働きかける事が大切であると語ってきます。

子供の頃になりたかったこと、
そのイメージや目標を大切にし、
今までの自分が制限していたことを試みて、
今までと違った生きたかで、
楽観的に生きる姿勢。

そういった物事の捉え方が、病気をコントロールする引き金になる。

著者のサイモントン先生は
サイモントン療法を70年代から試みられています。

イメージ療法やリラクゼーションなど、
自分でガンだけでなく、自分自身をコントロールする事ができるのかもしれないなんて思います。

家族として、
患者さまと共に、オープンなコミュニケーションで、
共に歩む姿勢を持ち続ける事が
とても大切とも教えてくれています。

支援とはずっといっしょにいる覚悟ができている事。

これは家族に対してもちろんですが
スタッフに対しても通ずる考え方。

個人的な事で恐縮ですが
来年の目標は北海道へ家族と主に登山旅行です!

共に歩んでいきたいと思います。

「前を見る。遠くを見る。」

病気を使わずに、今の自分を叶える!

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!