おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

昨日スーぱーで、買い物をしました。
当然レジで、会計をしないとです。

そのレジがすいていたので、さっと会計になりました。
終わってから、千里さんが1言。
「あのレジの人、すごいつまらなそうに仕事していたね。」
「つまらなそうに仕事していると、客に伝わるね。」
「仕事は楽しくしないと!」

そうか、レジという本当に短い時間でも、仕事をしている方の気持ちが客に伝わってしまうのか~
ましてや、30分以上座っている、歯科医院でなんて・・・
私やスタッフがつまらなそうに仕事をしていたら・・・
患者さん不快でしょうね。

以前に教わりました。

『どんな仕事でも自分が誇りを持って、その仕事に情熱を持って何かしら良いものを生み出すどんな仕事もつまらなく説明することもできるし、誇り高く説明することもできる。
自分がやっているころを誇り高く説明できることこそが究極の動機付けに要求されることである。
トム・モリス「真の成功者」より』

そしてこんな話しも・・・
『2人の石杭の話・・・ある人が尋ねた。「何をしているんだ?」
         1人はつまらない石を削っているだけと話す。
         1人は大聖堂を作っているんだという。
              ↓
   要するに、自分の仕事をどのように捉えるかである。』

「前を見る。遠くを見る。」誇りと情熱を持って、たのしく仕事を。

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!