おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

皆様にご迷惑をお掛けしましたが、無事に下界に下りてきました。
さて、17・18日と谷川岳に行って来ました。
誠に勝手なプライベートのものですが、少し紹介したいと思います。

登山口17日5時自宅を出発。コンビニで当日の朝食、昼食、そして水分を購入。
6時15分ごろ、土合橋奥の駐車場・白毛門登山口に到着。
千里さんと荷物を下ろし、私は、1キロほど先の谷川岳ロープウェイ駐車場へ。そこから徒歩で再び白毛門登山口へ。
6時40分登山開始。

谷川東面1時間ほど経つと雨が降り出しました。2時間後雨が強くなり、カッパを装着。
ひたすら、白毛門の樹林帯を木の根をよけながら、長い鬱陶しい気候の中登り、3時間後松ノ木沢ノ頭というところに出ました。ここからは谷川岳の東面の急斜面が行く見えるはずでしたが、あいにくの天気で今ひとつ。それでも翌日行く山々が見えるのは励みになるとともに勇気と力がわいてくる感覚でした。

白河門さらに登り、4時間後白毛門頂上(標高1720メートル)へ到着。

ここまで、高低差1000メートル。距離にして4キロの登りでした。
ほぼ予定どうりの時間でしたが、あいにくの空模様。周囲はほぼ真っ白、ガスの中。
これから、向かう笠ヶ岳、朝日岳が時々見えるだけでした。
水分と行動食(簡単に言えば「おやつ」。長い登山の時はいつも私たちはカントリーマームと決まっています。)をとり、10分間の休憩後、出発。

笠が岳 千里時々霧が晴れ、対岸の谷川岳から蓬峠など群馬と新潟の国境稜線を望むことができました。
笠が岳への登りはけっこうしんどいものがあり、カッパの中で蒸れを感じながら登り続けます。

白毛門から1時間10分後、笠ヶ岳頂上(標高1852メートル)へ到着。
ここで、12時。朝コンビニで買ったおにぎりとパンで昼食。
ほぼ、時間通りでしたが、天候は期待はずれの雨。
それでもこれから向かう、先々の道のりと始めてのテント生活に期待しながら、20分ほどの休憩後、再出発。
初日の最高峰朝日岳(標高1945メートル)を目指します。

日光キスゲ笠が岳を下りはじめると霧がはれ、あたりは日光キスゲが群生していました。
おそらくこの先は人の出入りが少ないことが予想できます。やはり人の多い登山道には花が少なく、人が入らない登山道のほうが、花が多いように感じます。

岩まじりのアップダウン、小さいノコギリ状の小ピーク繰り返しながら、歩を進めますが、いくつもピークを超えていくと、なかなか届かない朝日岳がより遠く感じます。自分の歩みと長く感じる道のりにイライラを感じながら、登山を続けました。
この間で後ろから来た男性の2人組の方に会いました。笠ヶ岳への道のりで前方から来たグループが2組。この他は白毛門へ登る高校生グループ、白毛門往復の男性にあっただけで、本当に登山者が少ないことに自分たちも不安と心細さを感じました。

朝日岳頂上何とか、1時間半後朝日岳頂上(標高1945)へ到着。予定よりやや遅れて午後の2時。
登山開始から7時間30分。高低差1300メートル。距離にして約6キロ。
やや自分たちの体力の消耗と疲労を感じています。
天気がよければ、周囲の山々が一望できる絶景のポジションとの案内を読んでいましたが、あいにくの雨で水分補給を十分に行いました。
朝日岳への登りで予定より、30分近く時間がかかっていました。自分も疲労していますが、千里さんの体力の消耗が気になります。

「前を見る。遠くを見る。」
次回につづく・・・

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!