前橋市・大胡町・伊勢崎市・みどり市から通える歯科医院、入れ歯、インプラント、噛み合わせ治療が得意な歯医者、あすなろ歯科 

予防歯科

PMTC前後の比較

PMTC前

PMTC前

PMTC後

PMTC後

ハブラシでは取り除くことのできないバイオフィルムや着色汚れなどを落とすことにより、歯の本来の白さを取り戻すことができます。

また定期的にバイオフィルムの除去を行うことにより、お口の健康を維持しやすくなります。

予防歯科

「歯を磨いているのにどうして虫歯になるの?」

「歯医者は歯が痛くなったらいけばいい!!」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

歯を治療する前からきちんとメインテナンスをすることでご自身の歯を守ることができます。

当院では担当制を設けており、同じスタッフが確認することにより、お口の中の変化により早く気づくことができます。

赤ちゃんから高齢の方まで、長期にわたりお口の健康のサポートをさせていただいております。

日々のケアと歯科医院での定期的なクリーニングでむし歯・歯周病は予防できます。

生涯自分の歯で食事をできる手助けをさせていただいております。

歯科医院での定期的なクリーニング

PMTC(Professional Mechanical Teeth Cleaning)専門家による機械を使った歯のクリーニングのことをいいます。

「いつも歯ブラシでは落とせない汚れがあることをご存知ですか?」

むし歯・歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。歯の表面に付着しているプラークが成熟すると「バイオフィルム」という細菌の塊の膜ができます。

一度、バイオフィルムになってしまうと歯ブラシでは取れない汚れになります。

予防03

例えていうのであれば、「バイオフィルム」は、お風呂の水垢や排水溝のヌメリのようなものです。

水垢と同じく専用の機械や薬剤を使わなければ除去できないとても頑固なものです。

現在バイオフィルム除去に最も効果があると考えられているのがPMTCです。

しかし、バイオフィルムは、一度綺麗にしても3か月程度で成熟してしまうというデータが出ているため、3~4か月に一度の定期的なクリーニングが大切と言われています。

予防04

どうしてむし歯はできてしまうの?

食事をとると、口の中は酸性になり(pHが低くなり)歯の表面の成分であるカルシウムとリンが説かされ真面目ます。これを脱灰といいます。

ふつう40分くらい時間がたつとpHは高くなり、とかされたカルシウムといリンは元にもどり再石灰化されます。

しかし、酸にさらされる時間や回数が多いと、歯の脱灰がつづき、う蝕が進行してしまいます。

虫歯ができるメカニズム

お口の中は基本的に中性の状態に保たれています。

食事(甘いものに限らずカロリーのあるもの)をする度に、酸性になり歯が溶け(脱灰)、その後元の中性の状態に戻る(再石灰化)を繰り返しています。

1日3食の方の場合は、まず朝食を食べた時に歯が溶けます。

そして2時間後に元の中性の状態に戻ります。その後しっかり戻りきってから昼食の時に溶ける、その後もしっかり戻りきってから溶ける、を繰り返すので溶けている時間よりも、溶けていない・戻っている時間の方が長くなります。

このような食生活の方はむし歯になりにくいです。

しかし、溶けた歯が戻りきる前に再度食事をして歯が溶ける、食事をして溶ける・・・といったことを繰り返すと、溶けていない時間よりも、溶けている時間の方が長くなります。

こういった原因から歯が溶け続けてしまい、ハミガキをしていてもむし歯になってしまうのです。
予防06

フッ素を効果的に使用しよう

毎日のブラッシングでフッ素入りの歯磨き剤を使いましょう。
(歯磨き後にジェルなどのうがいをしなくて良いものが効果的)

フッ素を効果的に使用しよう
歯科医院でPMTC後に濃度の高いものを定期的に塗るのも大切。市販のものの10倍程度の濃度があります。
PMTCを行わないフッ素塗布はほとんど効果がないと言われています。
(バイオフィルムは1700倍の濃度の殺菌剤も寄せ付けない

位相差顕微鏡

口腔内のプラークや細菌を顕微鏡を用いて確認していただきます。

予防09予防10

関連グッズ

フッ素入り洗口剤・ジェル・歯磨き粉・キシリトール商品もさまざま取りそろえております。
予防11

PAGETOP
Copyright © あすなろ歯科 All Rights Reserved.