前橋市・大胡町・伊勢崎市・みどり市から通える歯科医院、入れ歯、インプラント、噛み合わせ治療が得意な歯医者、あすなろ歯科 

入れ歯

吸着抜群‼︎ 入れ歯

今までの総義歯との違いは落ちない、外れない、動かない、ずれない、浮かないなどこれまでの入れ歯とはまるで違います。

文章では伝わりにくいので実際の本院での動画をご覧ください。

 

 

 

 

金属床入れ歯

金属床入れ歯金属床の「床」とは土台となる部分を指しています。

この「床」を金属で作るか、レジンで作るかで大きく変わってきます。金属で作ることで高い強度や、床部分の厚みを大変薄くし、違和感を軽減させます。

当医院では、金属の部分がチタンとコバルトクロムの二種類を扱っております。金属床入れ歯

  • チタン:人工関節にも使用されている素材で体への親和性が高いです。重量が軽く、顎になじみやすいです。アレルギー反応を起こしにくいとも言われております。
  • コバルトクロム:熱が伝わりやすく、耐久性に優れているため長くご使用できます。

 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー簡単に説明すると金属を使用しない入れ歯です。

素材はナイロン樹脂で出来ており非常に薄く、しなやかさを備え尚且つ丈夫に作ることが可能です。

透明感があり、入れ歯を入れていることがわかりにくく審美性に優れています。

ノンクラスプデンチャー弾力が強いので、折れにくく割れにくいものになっています。

金属アレルギー体質の方にもオススメです。

ミリングデンチャー

ミリングデンチャー通常の部分入れ歯では固定するために金属によるバネを使用するため、審美的に目立ってしまいます。

そこでバネを使用しないのがミリングデンチャーです。

入れ歯の支台となる歯に被せものをする際その被せものに精密な細工を行い入れ歯と差し歯を一体化させます。

入れ歯は動きにくく、負担が軽減されます。

高い精度技術が必要となり、扱っている歯科医院は少ないでしょう。

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー揺れている歯でも一本ご自身の歯が残っていれば可能な「奇跡の入れ歯」「21世紀の入れ歯」「インプラントに変わる入れ歯」従来の入れ歯と全く違った新しい考え方から開発された入れ歯です。

従来の入れ歯は入れ歯にかかる力を歯や歯茎で負担するもので、使うにつれて入れ歯を支えている歯などが次第に弱っていきます。

ミラクルデンチャーしかし、ミラクルは歯の根元、近くで歯に接するのと出し入れが斜めか横方向なので大きな力がかかりません。

むしろミラクルデンチャーが歯を固定・保護するようになるので動いている歯までも動揺を抑え長持ちさせてくれます。

上の入れ歯では上あごの部分がくり抜かれているので熱さも感じられ、気持ち悪さがなくなります。

自分の歯と錯覚するくらい軽く、違和感なく自然にご使用できます。

PAGETOP
Copyright © あすなろ歯科 All Rights Reserved.