毎日暑い日が続きますね。今日はそんな暑い毎日に食べたくなるアイスやジュースの上手な摂り方についてです。

むし歯予防のために甘いものを食べてはいけません!なんていうことはありません。むし歯予防にはどんなものをどういう風に、どんなタイミングで食べるかがとても重要になってきます。

まずむし歯予防で一番大切なことは、みなさんご存じの通り食生活です。ハミガキでのむし歯予防の効果よりも、食生活を整えることの方が効果があります。

お口の中は基本的に中性の状態に保たれています。そこに食べ物(カロリーがあるもの)が入ってくると、一気に酸性になり、歯の表面が溶けます、これが脱灰と呼ばれる現象です。

そして食事が終わると、唾液(つば)の力により、だんだんともとの中性の状態に戻っていきます。これが再石灰化と呼ばれる現象です。お口の中は食事の度に、溶けたり戻ったりを繰り返しています。このバランスが崩れるとむし歯になる、と言われています。

それをふまえ気を付けてもらいたいことはこちらの3つです。

  1. 食事と食事の間を2時間はあけること
  2. ダラダラ、ちょこちょこ食べをしない
  3. お口の中に長くとどまるお菓子は避ける

これらのことに気を付けていただき、もちろんしっかりとハミガキをすることで、むし歯は予防できます!あとはこれにプラスして、歯科医院での定期的なクリーニングやフッ素の活用も効果的です。

喉がかわいたときはお水、お茶、麦茶。これらのカロリーゼロの飲み物はいつどんな時に飲んでもOKです。ゼロキロカロリーの飲み物も厳密に言うとゼロではないのでおすすめできません。ジュース類は食後をおすすめします。

ということなので、アイスやジュースは食後のデザートとして食べるといいですね!前回食べた、飲んだのは何時だったかな…?と少し気にしてみてください。

まだまだ暑い日が続きますが、みなさん体調に気を付けていきましょうね!