歯を抜けたままにしておくと、、、

大人の歯は、親知らずを除けば、本来右上、右下、左上、左下にそれぞれ七本ずつ、計二八本あります。

しかし、歯周病や虫歯がひどく悪化すると抜歯を余儀なくされることがあります。

また、事故やケガによって歯を失うケースも珍しくありません。

何らかの理由で歯が抜けてしまった場合、歯科医院では失われた歯の代わりに人工の歯(入れ歯)を補う治療が行われます。

なぜなら、歯をたとえ一本でも抜けたままの状態にしておくと、見た目が悪くなるだけでなく、ほかの歯や歯ぐき、

さらには体の各部に悪影響を及ぼすことになるからです。

例えば、歯が根元から抜けて空間が生じると、両隣の歯が倒れてきて歯並びが悪くなってしまう恐れがあります。歯並びが悪くなると、歯と歯のすきまに汚れがたまりやすくなります。そのため、虫歯や歯周病が起こりやすくなるのです。 また、上下の歯がかみ合わさっていますが、歯がなくなるとその歯とかみ合わさっていた反対側の歯が根の部分を露出させながら伸びてくるという性質があります。根の部分は細菌の感染に非常に弱いため、むし歯になりやすくなります。

他にも、よくかめなくなるため食べ物の消化が悪くなって便秘や下痢を招いたり、栄養を十分に吸収できず免疫力(病気から体を守る力)が低下したりする恐れが出てきます。その結果、カゼや肺炎などの感染症にもかかりやすくなるのです。

また、歯が抜けたままでいると、肩こりや腰痛にも悩まされるようになります。歯が抜けるとかみ合せのズレがあごの筋肉や肩・腰の筋肉にまで影響し、背骨が徐々にゆがんでしまうのです。この背骨のゆがみが、肩こりと腰痛として現れるわけです。 そのほか、歯が抜けたままにしておくと、ボケ(認知症)まで招きやすくなることもわかっています。

これらの予防のためにも、甘いもののコントロール、毎日の歯磨き、定期クリーニングをしっかり行いましょう。