口臭がきになっているあなたへ!!

口臭は、生理的口臭と病的な口臭に別れます。

生理的口臭は、「食べ物・たばこ・アルコール」など誰しもが、飲んだり食べたりすれば感じる臭いです.

起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。

これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である菌がたくさん作られるのです。

しかし、歯磨きや水分補給をすることによって唾液が増加し口臭は弱まります。

したがって生活習慣の改善でよくなり治療の必要がありません。

病的口臭ではないので、常に周囲の人達を不快にすることはなく口臭はあったりなかったりするのです。

多くの場合は病的口臭と異なり、本人が気づかないことがほとんどです。

病的口臭とは、呼吸器系、消化器系、の病気、糖尿病などの疾患で起こり得る場合があります。

病的口臭の90%以上は口に中に原因があります。

歯周病、歯垢(歯の汚れ)、むし歯、ベロの汚れなどがあげられます。

むし歯や歯周病をそのままにしておくと細菌数が増加していきますので口臭の原因となります。

しっかりと治療を行い、細菌数を少なくするようにまずは心がけましょう。

口臭がきになるからといってむやみに歯ブラシをゴシゴシ磨いたり、

舌ブラシで磨いたりすると歯茎を傷つけたりする恐れがあるので歯医者に通い一回原因を見つけてみましょう!