入れ歯メンテナンスとは!?

一般の歯科では、現在予防の考え方も広がり治療が終わり次第終了ではなくなってきています。

何かが起きたら来院するではなく定期的に通うことが当たり前にもなってきているかと思います。

そこで、自分の歯が残っている人はもちろん、総入れ歯のかたもメンテンナスが必要になってきます。

自分の歯が残ってないからいいのでは?

総入れ歯なのに通う必要あるの?

と思うかもしれませんが、入れ歯も自分の歯と同様に定期的に通いチェックを行う必要があるのです。

入れ歯もずっと最初と同じように使用できるわけではありません

お口の中の少しの変化で、入れ歯の状態は悪くなります。

また、入れ歯自体だけではなくその支えている歯茎の状態も確認していく必要があります

入れ歯もポリデントにつけておけば大丈夫!

ではなく、しっかりとブラシを当ててもらわなければ菌がいなくなっておらず

ひとつもきれいにはなっていません。

そうすると、汚れが落ちていないので歯茎には炎症が見られ歯茎が腫れ

それによって入れ歯が当たるなど入れ歯に不具合がでてきます。

実際、当院でも総入れ歯の方も同じように患者さんと相談の元、

定期的にクリーニングに通っていただいている患者さんは多くいらしています

どんなお口の状態でも、定期的に確認をする必要があるということです。

一歩が遅くならないように、ぜひ今の自分のお口の中と向き合ってみてください