皆さんこんにちは。今日は口の中について少し詳しくなってもらえたらと思い、「歯磨きがしたくなる知識」をお話しします。

口の中には、細菌が存在します。ムシ歯菌や歯周病菌。しかし、細菌だけでなくカビの仲間も口の中には住んでいます。口の中を調べると通常何種類ものカビが検出されます。なかでもよく知られてるトラブルメーカーが、「カンジダ菌」です。普段はおとなしく目立たない存在なのですが、口の中が汚れていたり、宿主の体力が落ちたりすると、白い斑点状になって舌や上あごに広がります。

特に気をつけていただきたいのが、入れ歯をお使いの方です。カンジダ菌が入れ歯にくっついて増殖すると、デンチャー・プラークとよばれるヌルヌルができます。これはカンジダ菌の塊で、そのまま使っていると舌やあごが赤くただれ、ピリピリと痛むカンジダ症を起こしてしまいます。まずは毎日の歯磨きの中で歯磨きだけでなく、入れ歯もよくブラシでこすることを習慣化していけるといいと思います。ちなみに、歯磨き粉(研磨剤入り)で入れ歯を洗う事は傷がつきやすいので、代わりに中性洗剤を使ってみてください。

毎日の歯のケアともに、入れ歯のケアもしっかり行いましょう。