仕上げ磨きのコツとポイント

 

お子さんをお持ちの方からよく

仕上げ磨きはどうしたらいいかわからない

仕上げを嫌がってしまい困っています

などと、お困りの声をいただくことがあります。

今日はそんな皆さんがお困りの仕上げ磨きのコツとポイントについてお伝えします。

 

【1】

仕上げはみんな嫌がるものと考えるポイントとすると、

お子さんを仰向けに両腕を横に伸ばして寝かせ

磨く人の足で手を押さえるのがやりやすいやり方です。

そしてできるだけ笑顔で!ここがポイントです!!

必死になりすぎて怖い顔になっていませんか

仕上げが嫌というよりも、ママの必死な怖い顔が怖くて泣いているのかもしれませんよ!

歌を歌いながら磨くのもいいですね。

できるだけ楽しいと思える環境作りも大切です。

仕上げ磨きはほぼみんな嫌がります。大体みんな泣きます。

押さえつけるのも時には必要です。

押さえつけてハミガキしたとしても、その後ハミガキ嫌いになることはありません。

きちんと寝る前には歯を磨く、という習慣を作る方が大切です。

【2】

小さめの仕上げ磨き用のハブラシを使う

仕上げ磨きはできるだけ小さいハブラシを使った方が奥や内側に届きやすいです。

あすなろ歯科には仕上げ磨きにおススメのハブラシがあります。

お子さんのお口の大きさによっておすすめするハブラシも変わってきますので、

お気軽に衛生士までどうぞ!

【3】

磨く力は強すぎず、細かく動かす磨く時にしっかり磨かなきゃ…と思うあまり、

力が入りすぎているのをよく見かけます。

ハブラシを動かしたときに、シャカシャカとハブラシの音がするくらいが丁度いい力加減です。

弱すぎても強すぎても汚れは落ちません。

適度な力加減で、1本ずつ磨く感覚で細かく動かしましょう

下の歯の内側と上の歯の外側は磨き残しが残りやすい部分です。

細かく動かしながらしっかりと磨きましょう。

歯はいろんな形があり、まっすぐにはえていないため、

歯の向きに合わせてハブラシをしっかりと当てることで汚れがより落ちやすくなります。

横だけではなく、縦磨きもおススメです!

【4】

わからないことは衛生士にどうぞ。

衛生士はいわば歯のプロ、専門家です。ここはどうやって磨いたらいいのかな?

このハブラシの大きさで合っているかな?これってどうなのかな?

など、わからないことは衛生士までお気軽にどうぞ!

あすなろ歯科は予防に力を入れているので、たくさんの衛生士が勤務しています。

ちょっとした疑問でもぜひお気軽に!