今日は毎日行うブラッシング=ハミガキについてです。

歯周病の予防、そして治療に一番有効なのは、毎日のブラッシングです。

磨いているつもりでもあすなろ歯科で染め出してみると、あれ?こんなところが!?ということもありますよね。

そして皆さんが苦手としているのが、下の歯の内側(ベロ側)です。

なかなか落としにくく難しい下の歯の内側…。

普通のハブラシで頑張るより、より簡単に、そして楽に落とせる方法があります。

それは“プラウト”です!プラウトは先が細くなっていて、一本一本を丁寧に磨くことに長けています。

そして先が細いので、当てたいところにより当てやすくできています。ぜひ1度試してみてくださいね!!

また、出血があるとそこを磨くのをやめてしまう…なんていうことも時に耳にしますが。これは逆効果です。

腫れや炎症がある部分に歯ブラシが当たると、歯ブラシの刺激によって出血してきます。

ここで出てくる出血は、歯ぐきに溜まっていた悪い血です。

この血を出すことにより、歯ぐきの炎症や腫れが取れてきます。逆に言うと、この血を出さないと治ってきません。

痛みがない限りは、出血のあるところはより出血させた方が治りが早いです。

細かなブラッシングの確認をしたい方、また、歯周病かどうか気になる…そんな方はぜひあすなろ歯科までどうぞ。

あすなろ歯科では歯周病治療をより確実に、そして丁寧に行っています。

おいしく食事をしていくため、お口の健康を守っていきましょう!