ドライマウス、ご存知ですか?

「最近口がかわくなぁ、、、」と思ったこと、ありませんか?

口の中には常に唾液がありますが、口の中が乾いて唾液が分泌されていない状態の事をドライマウスと言い、

正式には、「口腔乾燥症唾液」と言います。

唾液は口の中を中和し虫歯を予防してくれるのですが、

唾液が少ないと菌の繁栄を促してしまうため、むし歯や歯周病の原因となってしまいます。

ドライマウスの原因には、水分補給が足りないこと以外にも様々な原因があります。

①口呼吸・飲酒・喫煙・ストレス・内臓疾患

②薬の副作用・加齢

など、様々なことが関係してきます。

ドライマウスの症状が急に増えた場合、内臓疾患の可能性を疑ってみる必要があります。

予防法は、良く噛んで食べる事が大切です。そうすることで唾液の分泌が良くなり、ドライマウスを予防できます。

また、普段から鼻で呼吸するように意識することも予防に繋がります。そのため、あいうべー体操も予防効果が高いです。

朝、口が乾燥していると気になる方は、寝る時にマスクを着用するのも一つの方法です。

その他にも、飲酒を控えたり、ストレスを溜めない生活をする、禁煙するなどすぐに始められることもあります。

 

最近、「口の中がやけに乾く」など気になる方や、お心当たりのある方は当院にお気軽にご相談ください。