タバコについて

皆さんこんにちは。今日は、加熱式タバコについてお話をさせていただきます。

昔からのおなじみ、紙タバコのほかに、今はタバコの種類も増えましたね。

その中でも、「このタバコは体に害がないんだよ~!」という言葉を聞いたことがありませんか?私は患者さんから初めて聞き、「え?タバコなのに体に悪くないって、どういうこと???」と、混乱したことがありました。そこで、私が学んだタバコについて、お話をさせていただきます。

まず、タバコには皆さんご存知、紙タバコのほかに加熱式タバコがあります。

それぞれニコチンの発生のさせ方がタバコによって違いがあるそうです。

加熱式タバコは、タバコを加熱させることで発生した蒸気を吸い込む方法

また電子タバコは、発生させた蒸気を粉状になったタバコ葉の詰まったカプセルを通過させて吸い込む方法だそうです。

ちなみに、日本では基本的にニコチン入りの電子タバコは禁止になっているそうです。

患者さんを通じて私たちが感じたことは、紙タバコに比べて着色の量が明らかに減っていることです。紙タバコに比べ、煙も害も着色も少ないのであれば、歯茎にとっては良くないことは変わりませんが、少しでもいいものの方が、良いかもしれませんね。