噛む機能についてです!

噛む機能は生まれつき備わっているわけでもありません。

子供が学習することによって身についていきます。したがって、身体の成長、噛む能力に合わせて基本的には食べ物を与えることが大切です。加工食品やレトルト食品、インスタント食品などが食べる機会が多くなった現代です。

味が濃く柔らかい食事をしている子供が多く、ゆっくり噛みしめ味わいながら食事をすることが少なくなってきています。

噛む能力に合わせて食材を変化させていくことも必要なんですが、、そうではなくしっかりとした顎(アゴ)の発達を心がけるには小さい頃からの食事が大切になっていきます。

柔らかいものばかり食べていれば、アゴが十分に発達せず小さくなってしまいます。結果小さなアゴに歯が生えてくるので前後した歯並びになってします恐れがでてくるのです。

そのためには、小さい頃から刻んで小さくしたものや柔らかくしてあげて食事をさせるのではなく、食材そのものを与えるのです。

野菜も切らずに丸ごと、さかなも骨を取らずにそのまま手掴みでたべさせることでアゴの発達や自分で食べることの習得が自然にできてくるのです。下手に離乳食をあげるのではなく、自然そのものの食材を自分の手で工夫して食べることがよいと言われています

そうすることで成長とともに、噛む力はもちろんのことアゴの形成も理想的になっていきます。

ぜひ、今からでも小さい子に限らず大人も食事を見直し健康的な食事を心がけましょう。