あすなろ歯科の野村です。
こんにちは。

最近、チームというものを考えさせていただく時間をいただいています。
チームに対して何をできるか?
どんな姿勢でのぞむか?

『チームのため』って大義名分が立つと、
あたかも自分の行動が正当化されているような錯覚を持っています。

もちろん、私自身のことでもありますが、
周囲の人を見ていると
その自分の行動の正当化のために、
大義名分を掲げているように見えたりします。

鎌田實さんの本にあるかもしれませんが、
(まだ読んでいません)
1%の力
1%の力

99%は自分のためでいい。
残りの1%を、周囲の人のために使うくらいでちょうどいい。

って教えていただく機会がありました。

結局は多くの行動が自分の欲求を満たすためであったり、
自分の潜在意識のなせるものだったりしていると思っています。

だからこそ、
自分が何を求めているのか?
どんな欲求があるのか?
どんなあり方でいたいのか?

そんな自分を見つめてみることができていないと、

周囲の大義名分を掲げることにやっきになってしまうかも・・・。

そんなことを
チームの中で感じています。

「前を見る。遠くを見る。」

大義名分はあくまで大義名分。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!