群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 かみあわせ あすなろ歯科の野村です。
こんにちは。

今日も精一杯に生きましょう。
自分の未来のために、
関わる人のために。

スタッフのブログから

このたび東北地方太平洋沖地震でなくなられた方にはご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

私たちあすなろ歯科では、日本の復興のためにこれからもしっかり働きたいと思っております。

「今出来ていることを続ける」

東日本太平洋沖大地震後、私たちは今まで考えなかった
たくさんのことを考えていると思います。
節電、節水、支援、義援金、節約・・・
何か出来ることをしたいと私も強く考えるようになりました。
その中の一つに、「今出来ていることを続ける」という事があるのを知りました。
私たちが出来ること、それは働くことです。
あすなろ歯科で患者様を診させていただき、笑顔になってもらうこと。通常の生活を行うこと。それが日本の復興の一つに繋がるのです。
ガソリンがないのに来て下さる方、徒歩や自転車で来て下さる方。不安な状態の中来て下さる方。
1人1人の方の思いを感じ取り、今日も元気に働きたいです。
そして少しでも日本の復興のためになればと感じます。

いま、僕らが被災地された方々のためにできること。
もちろん、物資を送ること、
時期が来たら、ボランティアを行うこと。
寄付、資金を送ること。
そして、節電を行うこと

とても大切です。

僕らは後方支援です。
もちろん、ボランティアなど、
前面に出て行くこともできるでしょう。

ただ、後方支援として今できることは、
長い目で見て支援を続ける必要があります。

神戸の震災での話しですが
初めの1ヶ月は3時間並んで輸血をしてくれる人がたくさん居たそうです。

ところが、
1ヶ月、2ヶ月と過ぎると、
輸血に並んでくれる人は居なくなった。

本当であれば、
3時間並ぶのであれば、
1ヶ月目に1時間、
2ヶ月目にも1時間、
3ヶ月目にも1時間。
が理想だそうです。

支援を続けるとは、難しいです。

いま、僕にとって何ができるか?
こんな自分でも、日本の経済活動も気になります。

今できることを探し、継続する。
簡単なようで難しいことなのですね。

「前を見る。遠くを見える。」

継続。

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!