人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)

群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 噛み合わせ あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も患者様のため、
スタッフのため、
自分自身と家族のために
精一杯に生きます!

大人として必要なことは
幼稚園で教えています。

大きな声で挨拶をしよう。

大きな声で返事をしよう。

ごめんなさいがいえる子

ありがとうがいえる子

人として感謝ができ、
素直に謝る。

大人の言いつけを守る。
人生の先輩の言いつけを守る。

人の目を見て挨拶をする。

ある別の本の話のなのですが、
少年院に入所している子供たちに
自分の子供時代の食卓の絵を描かせたそうです。

少年院の多くの子供は食卓が嫌だった。
嫌いだった、苦痛だったと応えるそうです。

ある少年が「食卓は楽しかった」と応えたそうです。

その少年に尋ねると

食卓は自分が中心で、
家長の席に座り、
自分が嫌いな食べ物は出てこぞ、
嫌だったら作りなおしてもらう。

自分が家の中心で、
思いどうりになった。

そんなことが描かれています。

子供のころの教育が
その後の人生のどれほど影響しているのか。

親は愛情をもって子を育てます。
ただ、
親として愛情の掛け方を取り違えたとき、
そこには、子供の幸せは
思い描いたものとはほど遠くなっていってしまいます。

もちろん、親の思いのままに
人生を生きるわけではないので、
自分で責任を持つべきですが、
親としての責任と
自分の人生を責任を持って生きる必要性を考えさせられます。

「前を見る。遠くを見る。」

子供への愛情

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!