群馬県 前橋市 歯科 あすなろ歯科の野村です。
こんばんは。

今日、先輩に当たる先生方の話を聴く機会を得た。
その中で、お1人の肩が、言っていた。

「自分の子供の教育は親がする。
自分のスタッフの教育は自分でする。
他人に、自分の子供の教育を依頼してはダメだ。
自分のスタッフが自分で教育しないと・・・。」

親が人生を楽しんでいれば、子供も人生を生きることが楽しくなる。
親が家に帰ってきて、「疲れた、疲れた」といい、仕事の愚痴ばかり言っていたら、
子供は大人になること、大人になって仕事をすることが辛くなる。
よく聞く話である。

では、職場ではどうか?
経営者が「辛い、辛い」ばかり言っていたら、
先輩が辛い、しんどいばかりっていたら。

親が仕事を楽しむこと。
先輩が仕事を楽しむこと。
まずそこから始めなければ、人は育たない。

その方は、言っていた。
で、最終的には「自分が仕事を楽しんで、笑顔でいること」と。

「いま、自分で仕事を楽しんでいるか?」
と尋ねられた時、どうだろうか?

楽しんでいるかどうかは、正直よく分らない。
でも、以前よりは楽しくなったことは事実だ。

今思うのは、笑顔のスタッフに囲まれているのは、楽しい
笑顔で、活き活きと仕事を一生懸命にしている姿を見るのは楽しい。
スタッフが自ら考え、進んで行動している姿を見るのはとても快適だ。

以前、おそらく1年くらい前にも書いたが、
僕自身が楽しく為に、スタッフが活躍する場を造ることが
僕が仕事を楽しむための近道であるように感じる。

そして強いて言うなら、僕は一生懸命にその瞬間に全力を使い、
診療に集中していたい。

それが、とても僕らしく、
楽しく仕事をすることに近いと感じている。

「前を見る。遠くを見る。」

それぞれの楽しむスタイルがあると思う。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!