おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

昨日来院した、Aさん、男性の話から。

お電話で、「歯ぐきが腫れて気になる」とのことでした。
内容から、私の中で、「歯周病で腫れたのか!」
と予想しました。

来院すると、下の小臼歯部の舌側(内側)に硬い出っ張り。
レントゲン撮って、歯ぐきの検査して、骨であることを確認。

そこで、私、患者様に質問。
「何が心配になったのですか?」

Aさん、
「3日前くらいから腫れて気になる。
 痛みはないけど、なんだか悪いものじゃないかと思って・・・。」

私「悪いものじゃないですよ。」
Aさん、
「なら良かった。ガンじゃないかと思って・・・。」

なるほど・・・。

人はさまざまな動機で歯科医院に来院します。
誰も「歯が痛いから」来院するのではないのです。
「歯に穴があいたから」来院するのでもないのです。
歯ぐきが腫れても来院はしません。

そこに、心配なこと、生活に不自由があるから来院するのです。
生活の中でやりたいことがあるのに、歯(もしくは歯ぐき)が邪魔をするから来院するのです。

そんなことを教えてくださったのが
「ヘルスプロモーション」考え方です。

まだまだあさはかですが、ヘルスプロモーションの実践を心がけたい。
ヘルスプロモーションとは、
「人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセス。」

「前を見る。遠くを見る。」
セミナーでの考え方を実践を目指して。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!