おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

最近自分の甘さに気付きます・・・。
人と共に仕事をするということ、
人と関わるということ。

以前にも紹介しましたが、コーチングなどを受講後、
少し、自分の感覚にちょっと自身があったのだと思うのです。
自分が何に反応し、それをどのように捕らえ、そして伝え、それを示す。

これができているつもりでした。
否、ある程度はできているのだと思うのです。

でも、まだまだ甘い。
歯科医院の院長として、人をひきつけて、導き、輝かせる。
人の魅力を感じ取り、引き出していくという意味で。

これって経営者にとってとても重要だと思うのですね。
人を育てていかなければならないから、
たかが、5~6のスタッフなのです。
でも、だからこそ院長の気付きが重要なのだと、
気付いて導くことが必要なのだと思うのです。

仮に、人の魅力に気付かなければ、その人を伸ばす事ができないとしたら、
5人のうち1人は魅力を発揮できない。
つまり、戦力とすれば、4/5になる。

1人の魅力に気付けない人が、他の4人の魅力に気付くことなく、
それぞれの長所が伸びなければ、その組織は衰退していく・・・

もっと、自分の感覚を磨きたい。
もっと、人の魅力を引き出し、
もっと、感覚を研ぎ澄まし、多くのことに気付き、かつ鈍感でいる。

「前を見る。遠くを見る。」
感覚の甘さに気付いたとき。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!