エースの品格 一流と二流の違いとは (Clickシリーズ)
群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も関わる人共に、幸せになるために、
精一杯に生きます。

ミスターXより紹介していただいた本です。
『ノムさん』の本は実は初めて読みました。
様々な気付きをいただきました。

人それぞれ感じるところはあるでしょうが、
院長はその組織のトップ。
そして診療に入れば、エースで四番。
それに『驕り』が伴えば、その組織が勝つことはまずありえない。

監督としての采配や他のチームメンバーへの配慮やかかわり方なども重要。

人材の育成に悩んだならば、何度も読みたい本である。

また、スタッフにプロとして、仕事をするものとして、
プロとしてお金をいただくものとして、
なにより、自分を輝かせ、自分の人生を充実させるために
この本を読んでみると気づきが多くあるのではないだろうか?

自分の人生において、自分自身はエースで四番であるから

以下、本文より

「人間的成長なくして技術的進歩はない」
天才型と呼ばれる人物はほとんど一握りにすぎず、その大半は努力型が占める

人間は壁にぶつかると、
都合のいい理由を見つけて
自分を騙し、納得させ、あるいは逃避してその場をしのいで行くものだ。

「どうせ俺はこんなもの」と思ったとたん、現状維持どころか人間力は落ちていく一方だ。また、ちょっといい成績を残したからといって満足してしまう者に更なる成長はありえないし、ほどほどの立場で妥協する選手に将来性はゼロである。

仕事を通じて人間は成長し、成長した人間が仕事を通じて「世のため人のため」に報いていく。それが人生と言うものではないか、この世に生まれ出てくる意味ではないだろうか

思考が行動を生み、習慣となり、やがて人格を形成し、運命をもたらし、そして人生をつくりあげていく。

「失敗」と書いて「成長」と読むことにしている。
それはまさに読んで字の如し。失敗を活かせるものはそれを放置するものに勝る。

机に向かって勉強した知識ではなく、体験という情報を提供しなさい。

「誠意を持ってオファーに行けば、きっと来てくれる。人間だもの」

自分は何のために野球をやっているのかと言う明確な目的意識を持たせて初めて技術指導が始まるのだ。

「自分は何故プロ野球選手になったのか」と言う基本的な目的意識があるかないかが大きな分かれ目

「人生」という文字にはさまざまな意味が込められている
「人として生まれる」
「人として生きる」
「人を生かす」
「人に生かされる」

「人間形成は仕事を通じてなされる」

「こんなに頑張っている自分を褒めてやりたい」という心理は、人間の弱さの象徴でもある

「前を見る。遠くを見る。」

エースとは?

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!