8671e167.jpg群馬県 前橋市 インプラント あすなろ歯科の野村です。
こんばんは。

結構前に買ったのですが、
なかなか読まずにいました。

その理由は?

実は、昨年の9月にスタッフと共に、
ディズニーランドに行きました。
研修もかねて、ディズニーのキャストの接客を学ぶって言う目的もありました。
楽しかったし、スタッフも喜んでくれました。

でも、そこで私が思ったのは
「ディズニーなのにその接客か?」
「おい!そんな接客態度で・・・その程度ならうちのスタッフでもできるぞ!」
とか、
「1人でもやる気のない人がいると、ディズニー全体が悪いイメージだ・・・」
などなど。

マイナスの面に目が行っていたのです。

もちろんすばらしい対応の方々もいましたが、
そんなマイナス面を見ている時、
素直にこの本を読もうとは思えませんでした。

改めて、この本を読んでみると・・・。

マイナス面が目に付いたのは、私の心の状態です。

ディズニーのキャストだって辛いことはある。
でも、うれしいことがあるから、
人が喜んでくれる姿を探して、日々感動を提供している。

同じように、感動を求めている人には、
感動が手に入り、
マイナス面を見ていた私にはマイナス面が目に付いたのです。

本の中にも書かれていますが
アミューズメントパークは機械が提供するもの。
テーマパークは人が提供し、感動できるもの。

接客とは、お客様の個人的な問題を解決すること。

マニュアルではなく、
自分に何ができるのか?
それを常に追求していたら、
必ず、人は感動を手にすることができるのかもしれません。

マイナス面を見ていた僕と、感動を求めていた人とでは
手にする結果は違っていて当たり前です。

「前を見る。遠くを見る。」

感動に焦点をあてて・・・。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!