48a1d57a.jpg群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日は、脳のお話。

どうしたら、もっと効率的に勉強できるだろうか?
もっと、短時間で効果的に仕事を進めたい。
もっと、時間をつくりたい。

そんな風に僕はよくおもいます。

茂木さんはこの本の中で
1) 脳に快を与える
2) 集中力を鍛える
3) 時間を活用する
この3点を挙げていると読み取れます。

何か行動を起こしたら、喜びをもらえるようにしておけばOK
行動したら、上達した、褒められた、成功した、挑戦できた、充実するって感覚を
脳へ焼き付けておきます。
これで、この行動を習慣化すれば勝手に脳は勘違いして、
その行動を起こすことを喜びます。
ちょっとしたチャレンジや挑戦もOK。

集中力は、自分流のやり方でOKなので、
短時間でも集中してやってみることです。
1~2分と言う短時間でも短時間で集中して何かをするって習慣を続けることで、
長時間の集中もしやすくなるのでしょう。

結局時間はみんなに平等。
時間がないって言っていないで、
7時なったら始めよう~ではなく、今5分でも良いからやってしまおう!
今すぐ3分でも良いからやっておこう!

そんな風に、時間の使い方を変えて、
脳へ快楽を与えてあげる習慣の変化が学習の変化へつながると
訴えかけてきます。

僕も、短時間でもやってみる
良い習慣を続ける、継続する。
少しチャレンジして、新たな事を始める。
時間を記録するなど、を取り入れて生きます!

「前を見る。遠くを見る。」

脳はまだまだ有効活用できる。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!