群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
こんばんは。

昨日学んだ問題解決の方法!

1)問題を明確にする
2)未来への方向性
   どのような状況だったらいいのかどうになればいいのか?どうしたいのか?
3)自己原因
   自分には何が出来るか?もしくは出来たのか?出来るのか?
4)手段の選択

1)から見ると、
結局は問題を明確に出来なければ、問題の解決への糸口は見つからない、
問題を認めなければ、行動へはつながらない。
人は問題である事を認めて初めて、気づくことが出来る、
「例えば、○○さんのことが苦手である!」と認めて初めて次にどうするかを考えることが出来る。
・・・とか。
周囲から外からの指示や命令、もしくはアドバイスに関しては問題である事を認めることが出来ない。

2)「チャ~ンス」というのも良い。
でも、チャ~ンスと言っても問題は解決しない。
プラスに受信し、どのようであればいいのか?どうであればよかったのか?どうしたかったのか?を自分で認めることである。

3)自己責任、自己原因といってもなかなか人は周囲、他人のせいにしたがるもの。それはそれで良いのであるが、その上で、自分に何が出来たのか?もしかしたら自分に落ち度はないのか?もしかしたらこんなことが出来たかもしれない、と自分に出来る事を探してみる。もしくはその姿勢を持つことが必要である。

4)その上で、自分に出来ること自分に出来る行動・手法を選択して進める。
手法は何万通りもある。
その中で出来る事を勧めてみるである。

さて、昨日のセミナーで学んだことでありますが、
この解決方法はすこし、私個人の解釈が入っています。
ただ、なにも、メンタリング・コーチング、カウンセリングと言った
最近のコミュニケーション術だけのことではなく、
4000年の歴史を持つ、仏教の教え中にもあることなのがとても不思議。

それがまた、おもしろい。

1つ言えるのは、
どんな問題でも
現状を理解し、認めることからしか「変化」は生まれないと言うことである。

変化を楽しむために、現状の把握を大切にしていくことが大切。
そして、1分を生きるもの、人生を生きるのも全ては一緒である。
1分を精一杯に生きれない人は、人生も精一杯に生きれない、
1分を楽しめない人は、人生を楽しめない。
1分に準備できない人は、人生にも準備が出来ず、
人生に悔いを残す可能性が高いのである。

「前を見る。遠くを見る。」

現状を把握し、今出来る事を進める。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!