遊月ダンスひなバレエ
おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

先日の姪っ子たちのバレエ・ダンス発表会にいってきました。二人とも上手に踊れていました。
ゆうゆ!上手になったね~。真ん中で踊っている姿は大人顔負けだったよ~。
ひなちゃんも上手だったよ。周囲の子供たちより、1歩前に出て、振りが大きく、1テンポ速いリズムで踊れていました。

3時間見ていると、大人も子供も上手な人は、振りが大きく、全身で踊っているのがよくわかります。
当然上手人は中心部で前の方で踊っています。
上手なのは、日ごろの練習の賜物。
練習すれば、自信もつき、自然と振りも大きくなる。

これは、どんなことにも言えると思う。
歯科医院でも、日ごろの鍛錬で自信がつけば、自然と大きな声でコミュニケーションが取れたり、大胆に歯石取りができたりする。
自信をもって治療やコミュニケーションをとることができる。

逆に、ちょっと自信がないのなら、大きな声を出してみよう。
それだけでも、患者さんや話す相手に不安感を与えずにいられると思う。
さぁ~
「前をみる!遠くを見る」そして子供を見習い大きな声でコミュニケーションを!

ちなみに発表会の最後の演題は「シンデレラ」でした。
やさしいシンデレラは最後にハッピーになるけど、何か鍛錬したのかな~?
いじめられただけ?
いやいや!そうではないはず!!

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!