目からウロコのコーチング―なぜ、あの人には部下がついてくるのか?
おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

先日まで、読んでいたコーチングの本です。
とかく、最近コーチングがもてはやされていて、私の周辺でも『コーチング』という言葉をよく耳にします。

数冊コーチングの本を読んでみましたが、この本はまさに「目からうろこ」という感じでした。
テクニックやコーチングの技術ではなく、まずは
コーチングをする相手に『愛情』がなければダメというところから入ってくれています。
さらに、つい聞けばいいと思いがちだが、コーチングができない相手というものが存在すること、
そして「○○さんは・・・・ができるともっと良くなると思うんだよ!」というようにコーチングするほうから、言葉を言っても良いということ。
コーチングとティーチングをうまく使い分けること。

そりゃそうだ!自分に置き換えてみればいい。
こちら側の成功を望んでいない人から受けたアドバイスなんて耳を傾ける気持ちにさえなれない。成功を望んでいる人からのアドバイスでそれが的確なら話を聴こうと思うし、意見が欲しい時だってある。
読んでいてかなり納得。

「前を見る!遠くを見る!」愛情を持ったコーチング

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!