群馬県 前橋市 インプラント 歯周病 託児 顎関節 かみ合わせ 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も精一杯に生きます
かかわる方、その方々の未来のために
今できることを探して動け。

こんなサイトの記事から

〜人工甘味料入り炭酸飲料で腎機能低下リスク上昇〜

米研究,1日2杯以上で11年間の「eGFR 30%超低下」が倍増
 米ハーバード大学ブリガムアンドウィメンズ病院腎臓部門のJu​lie Lin氏,米ハーバード大学公衆衛生学部のGary C. Curhan氏らは,人工甘味料入り炭酸飲料を1日2杯以上摂取​すると11年間で推算糸球体濾過量(eGFR)が30%超低下す​るリスクが倍増するとの研究成果をClin J Am Soc Nephrol 9月30日オンライン版に発表した。女性看護師保健研究(Nur​ses’s Health Study;NHS)におけるデータ解析から,明らかになった。

よく患者様から
「砂糖じゃなければ良いですか?」
「ダイエットタイプなら良いですか?」
などと質問をよく受けるのですが、

学び不足ですね。

やはり、全身、臓器に影響がありますよね。

もちろん、添付のデータは
白人のデータなのでとありますが、
何もないわけはないと思うのです。

第一、
そこまでして、甘味料とらなくったって良いじゃん!
と言いたくなりますが・・・

正しいから伝わるわけでもないでしょうし・・・。

難しいですね。

でも、医療者として学びを続けないと!!
と気持ちが掻き立てられます。

「前を見る。遠くを見る。」

人工甘味料! ダメです!!!

〜人工甘味料入り炭酸飲料で腎機能低下リスク上昇〜

米研究,1日2杯以上で11年間の「eGFR 30%超低下」が倍増
 米ハーバード大学ブリガムアンドウィメンズ病院腎臓部門のJu​lie Lin氏,米ハーバード大学公衆衛生学部のGary C. Curhan氏らは,人工甘味料入り炭酸飲料を1日2杯以上摂取​すると11年間で推算糸球体濾過量(eGFR)が30%超低下す​るリスクが倍増するとの研究成果をClin J Am Soc Nephrol 9月30日オンライン版に発表した。女性看護師保健研究(Nur​ses’s Health Study;NHS)におけるデータ解析から,明らかになった。
加糖炭酸飲料では有意なリスク上昇なし

 Lin氏らが今回の研究の対象としたのは,NHSに参加し,炭​酸飲料摂取量およびアルブミン尿のデータが判明している女性3,​318例。うち3,256例では1989~2000年におけるe​GFRの変化に関するデータも得られた。炭酸飲料の累積摂取量平​均値は1984, 86, 90, 94および98年に実施した食物頻度調査の結果から算出し,「1​ヶ月に1杯未満」,「1ヶ月に1~4杯」,「1週間に2~6杯」​,「1日に1~1.9杯」,「1日に2杯以上」の5つのカテゴリ​ーに分類した。
 尿の採取は2000年に,血液の採取は1989年と2000年​に行われた。微量アルブミン尿は尿中アルブミン/​クレアチニン比が25~355µg/​mgとした。腎機能の変化を検討する目的から,主要アウトカムを1​1年間におけるeGFR低下が30%超とし,年間に3mL/分/​1.73m2超の低下を示す「急速eGFR低下」についても調べた​。
 その結果,11年間で381例(11.7%)が30%超のeG​FR低下を示した。eGFR 30%超低下のリスクと炭酸飲料摂取量との関係を検討すると,人​工甘味料入り炭酸飲料では累積摂取量平均値が「1ヶ月に1杯未満​」と比べ,「1ヶ月に1~4杯」,「1週間に2~6杯」,「1日​に1~1.9杯」では変化が認められなかったが,「1日に2杯以​上」では有意なリスク上昇を示した(多変量調整後オッズ比2.0​2,95%CI 1.36~3.01)。これに対して,加糖炭酸飲料では「1日に​2杯以上」でも有意差には至らず(同1.56,0.84~2.9​1),どのカテゴリーでもリスク上昇は認められなかった。
 同様に「急速eGFR低下」についても,人工甘味料入り炭酸飲​料を「1日に2杯以上」摂取する群ではリスクが有意に上昇したが​(同2.20,1.36~3.55),加糖炭酸飲料では摂取量に​よるリスクの変動は認められなかった。
 一方,微量アルブミン尿については,人工甘味料入り炭酸飲料で​も加糖炭酸飲料でも,摂取量との有意な関係は認められなかった。
 同氏らは今回の研究で,微量アルブミン尿との関係は確認できな​かったものの,人工甘味料入り炭酸飲料の1日2杯以上の摂取が,​女性の腎機能低下のリスクとなることが示されたことを強調。また​,人工甘味料入り炭酸飲料の摂取量とeGFR低下とは,線形的に​増加する関係ではなく,閾値効果の関係であったと考察している。
 ただし,今回の対象人口は大部分が白人の高齢女性であるため,​他の人種・年齢群・男性に一般化することは困難である可能性があ​るという。
 なお,今回の研究対象となった1980~90年代に低カロリー​の炭酸飲料に使われていた主要な人工甘味料はアスパルテームおよ​びサッカリンである。同氏らは,サッカリン投与ラットで腎臓にお​けるナトリウム排泄量が増加することが示されているが,動物モデ​ルまたはヒトで人工甘味料や人工甘味料入り炭酸飲料が糸球体濾過​能に影響を与えたとする研究は見つからなかったとし,今後この分​野での研究の進展に期待を寄せている。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!