こんにちは、あすなろ歯科の野村です。

土曜日のこと、とある業者さんからアドバイスをいただきました。
「忙しすぎませんか?」
「余裕がないように感じます。」

先週のことだったと思う。
受付の千里さんが患者様からやはり
「受付、忙しすぎない・・・?」
クレームというより、心配してという感じ。

私たち精一杯やっています。
一生懸命です。
しかし・・・一人一人に余裕がない・・・。
これは事実かもしれない。

患者様にはたくさん来ていただいております。
しかし、「やはり予約が取りにくい」「時間がかかる・・・」等々の言葉をいただく。
今年入った新人にも目を掛けてあげることができません。
新人教育もやった・・・いや、やったつもりなんだと思う。
患者様にはご迷惑をお掛けすることが多い。
主には時間がかかる、型取りを2回するなどであるが・・・
フォローをしてあげる、目を掛けてやる時間、ゆとりがない。

自分たちは一生懸命だ。
ただそれだけでは、患者さまへの貢献にならない。

昨日、講演聞いた内容に
「患者様に愛される医院」を目指すより、「スタッフに愛される医院」のほうが患者満足につながるとの話を聞いた。

スタッフも一生懸命だ。
しかし、満足させてあげることができているだろうか?
一生懸命なだけ、一生懸命だから、精一杯やっていて、スタッフ自身は充実しているかもしれないが、満足は???

少し考える。
スタッフに愛させる医院とは?

周囲のアドバイスを素直に聞き入れて、じっくりとかみ締める。
そんな1日を過ごした。

「前を見る。遠くを見る。」スタッフ満足とは?

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!