群馬県 前橋市 歯周病 顎関節 託児 インプラント 矯正歯科 かみ合わせ あすなろ歯科の野村です。こんにちは。

昨日・一昨日と東京にて
デンタルショーに参加してきました。

いろいろ改装等の予定が変わりそうで、
問題がやまずみですが。

まずは続きを
~~~~~~~~~~~~

研修5日目 (交流会)

5日目夕方から夜にかけて、
高齢者ケアセンター(ベアナードッテゴードン)の会場をお借りして、
デンマークにおける高齢者委員会の会長さんのお話と地域の方々(高齢者が主)と
交流会・食事会を共にしました。

高齢者委員会とは
高齢者自身が町の設備や施設、交通状態や介護の現状から気づいたことを話し合い、
市や市議会・国に提案して、法律や設備の改善を求めるいい会だそうで、
各市に設置されているそうです。

この委員会で話し合われたことは、
市や国が改善を行い、その改善状態に応じて委員会が話し合い、
フィードバックを行い、さらなる改善を続けていくそうです。

つまりは、トップダウンの介護・市民生活作りではなく、
ボトムアップの介護・市民生活作り・法律の作成がなされている一つの表れでした。

60以上の方々が参加されているそうですが、みんなその年齢になっても自立し、自らの生活を自らの生活を改善する気力にあふれていました。

お話の後、食事会。
デリバリだったかもしれませんが、中には80過ぎの方々まで会場作りにまで参加してくださり、本当に自立の形の表れでした。

お酒を飲み、デンマークの郷土料理をいただき、
それぞれの国の歌や文化を紹介したりで、
人って言葉が通じなくても交流できるものなんだな~って
身をもって感じることができます。

デンマークの参加者の中に、実はナチスの対するレジスタンス運動に参加したために、
ナチスのつかまり投獄されていた方に会うことができました。
もちろん、言葉はわかりません。
その時の体験について、通訳を通じて紹介してくださいました。

アウシュビッツの方

その体験自体は理解できません。
その思いもわかりえません。
でも、
そのような20世紀の負の時代を体験し、
そのことを僕らにお話しいただける時間をいただけたことは何より貴重な体験であり、
本当に感謝です。

もちろん、娘も参加させてもらいましたが、
あぐ里の年齢で、今後戦争体験者と何人合うことができるでしょうか?
何人の方からつらい決して繰り返してはいけない時代の話を聴けるでしょうか?

僕らの生活は何もしないで手に入ったものです。
でも、この幸せな時代を続けることは本当に難しいのではないでしょうか?

この幸せな時代を守るため、続けるために、僕らができることは何だろうか?
次の世代に伝えられるものは何だろうか?

そんなことを思う時間でした。

そんな思いとは裏腹に・・・。
デンマークの方々の計らいで、娘は初めてアイスクリームをいただきました。
人から頂いたものなので、大切にいただきましたが、

少し甘すぎて最後は残してしまったようです。

ちょっと歯科医師の父親として複雑な心境・・・。

アイス

「前を見る。遠くを見る。」

異文化に触れる。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!