群馬県 前橋市 歯周病 顎関節 託児 インプラント 矯正歯科 かみ合わせ あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も精一杯に生きます!
かかわる方、その方々の未来のために
今できることを探して動け。

昨日・・・
完全に家族そろって、寝坊してしましました・・・。
本来なら、あすなろ歯科についている時間に目が覚め・・・

もうびっくり!

診療には間に合いましたが・・・・
時差ボケですかね?

さて、研修報告続きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アスターズバイ

2日目の午後、高齢者ケアセンター・アスターズバイを訪問しました。

日本で言う特別養護老人ホームですが、
マーサメオと呼ばれるビデオを活用した入所者とのコミュニケーションツールを活用されています。

学んだことを簡単に紹介しますと、
入所者と介護スタッフとの会話、もしくは日常の作業や生活での様子を撮影し
それを指導者とともに見直すことで
スタッフ側の言葉かけや関わり方の見直しや
利用者の持っている能力を確認したり、引き出して維持したりするための
ツールとして活用しています。

このツールは利用者自身の能力・今後生活していくための資源を
客観的な視点から見出し、
見て、感じて、待ち、フォローするためのツールであり、
その能力を維持して行くためのものです。

もちろんこのシステム・ツールも素晴らしいのですが、
入所者の能力を活用するために、
自立し、自分らしい生活をするために、
スタッフが何ができるか?
施設として何ができるか?
それをとことん追求していることが素晴らしいと感じました。

施設として、
もちろん個室であり、トイレやシャワーも完備。
希望があれば、使っていた家具なども持ち込むことができるし、
自分の部屋から庭のように庭園が広がり、
共同のリビングでは皆さんとともに時間を過ごすことができるようにもなっています。

自分で調理をしたければ、調理もできるでしょうし、
ポスターにもありましたが、バンドをしたければそれができます。
ちなみに、添付の写真。
日本では考えられないと思いませんか?

希望をすれば、その人らしい生活をするためのフォローを惜しまない精神と設備と環境が整っていることが衝撃的でした。
ですので、自室でもしくは庭園で、たばこを吸い続けている人もいましたし、
ビールやワインなども用意されています。

なぜその人らしい生活にそこまでこだわるのか?
それは、それが人としての尊厳を守ることであるから、
人としての尊厳をデンマークでは大切にしているからであると
国としての違い、人としての違いを大きく感じる時間となりました。

私の中で常に課外である『待つ』ことについて
施設の方に質問もさせていただきました。

職場でも、趣味でも、もちろん子育てでも
待つために何が必要か?
自分の中に何があれば相手の行動や行為、
自分では計り知れない相手の行動を待つことができるのか?

返ってきた答えは・・・

『待つことに意義がある・意味があると
 自分自身が納得した時に待つことができます・・・。』

といただきました。

とても明確で、とても納得のいくものでした。
他人に、相手に何かがあるわけではなく、
自分の中に答えがある。
まさに、その通りで我ながら良い質問ができたなって思うとともに、
自分の行為に映し出されている自分を感じる言葉と時間をいただきました。

感謝です。

反省会で、引率の中能氏が
数年前の訪問時に入所の老人の方にインタビューをしたそうです。

その時老人は正装し、きちんと答えて得くれたそうですが、
『今後有意義に生きるために貯金はいくらありますか?』
と質問したところ
『100万円くらいある。2回くらい海外旅行をするのには十分だ』と答えてくれたそうです。
これは貯金が十分になるから大丈夫ということではなく、
国が自分たちの生活を保証してくれる、
国が自分たちを大切にしてくれることへの安心感の現れた言葉であり、
国を信頼している証拠であることが伝わってきます。
もちろん、そこまで税金を払ってきているのですが。

日本ではどうか?

老後の資金65歳から20年として、最低でも夫婦2名で数千万くらい必要ではないでしょうか?
それを国が保証してくれるか?
年金は僕らのころにはきっともらえないと思います。
60兆もの借金をしている日本がそこまで保護してくれるでしょうか?
もちろん、誰かに頼って生きていこうと思っているわけではないですが。

施設の感想として・・・
父が亡くなる前、病気が発症してターミナルケアの話も出ました。
少し見学もしましたが、
今回見学したものには追い付いていません。
もちろん、医療と老人介護という立場の違いはありますが、
人間の尊厳として、
人が最期を迎える施設として
そしてそこにかかわる人たちの心構えや人間性として
父がいたところは少し残念な気持ちにもありますね。

もちろん、医療者として僕らも人の尊厳については求められる立場にあることは間違いないのですが。

人として人を大切にするとは?
そんなことを思う時間をいただきました。

「前を見る。遠くを見る。」

待つことに意義がある。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!