48b40e56.jpg群馬県 前橋市 インプラント 矯正歯科 咬み合わせ あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も精一杯に生きます。
関わる人と共に、
幸せになる為に。

一昨日の
坂本光司先生の講演から。

世の中は、1%のリーダーによって形成されている。
だから、リーダーは正しい行動と判断を求めていく必要がある。
そして、リーダーになる人は
誰よりも好んで苦労を進める必要がある。

企業は、顧客にとって一番良い方法をしていく必要がある。
企業や社長(あなた)の都合は関係ない。

坂本先生は
伸びている企業、顧客から支持される企業を見てきた。
その結果として、独自の経営学を体制している。
企業が伸びる、その要の理念は。
『5人に対する使命と責任を果すこと』そしてそのための行動を
企業はすすめる必要がある。

5人とは?
の話になるが、それは本を読んで欲しい。

最も重要なのは、1人目が誰かと言うことである。
1人目とは?

そして、使命と責任とは?

考えて欲しい。
が・・・

答えは、

1人目は、
社員とその家族である。

そして、使命と責任とは?

永遠に幸せを追求することである。

会社は幸せを追及する場にしかすぎないのである。

社員とその家族の幸せの為に、
全ての判断を下し、
それが正しいか、ただしくないかの判断も
その1文で判断を下さす。
『社員とその家族が幸せかどうか?』。

全ての判断をそこに集約すれば、
企業は伸びていく。

そこまで聞いて、
確かに本に書いてあった!!
とだけ気づく。

本と講演は違うものかもしれないが、
得ている情報は同じである。
そこに、スピーカーがいるだけであるが、
これほどまでに、伝わってくるものは久しぶりであった。

そして、次の疑問が私に浮かぶ・・・。

では、例えば給料を惜しげもなく、いっぱい出すことが社員にとって幸せか?
努力や成長なくして、
給料が伸びていくことが本当の幸せか?

やはり、スタッフには成長を求めて欲しい。
成長こそが、人が芯から求めているものであると思っているし、
親として、この成長は何よりの喜びである。

もし仮に、娘が、働きもせずに、100万円をいただいてきても
親として喜びは感じない。

成長して、人に必要とされて、
社会で活躍の場を与えられ、
輝いて、楽しそうに仕事をしている姿が
何よりの親として喜びであろう。

今のところ、
スタッフにとっては残念なことかもしれないが、
やはり、あすなろ歯科のスタッフは成長が求められる。

それは、僕がまだ従業員であったころ、
できないことができるようになったり、
知らない事を知って、それが活用された時にはじめて、
自分の充実感を得ることができたからで、
その充実感を、ちょっと先輩の自分として、スタッフには勝ち取って欲しいと思う。

坂本先生は、
自分が従業員だった時にやって欲しかったことをやってあげなさい。
とも言っている。

やはり、僕は残念ながら
給料だけでは、満足は得られなかったので・・・
そうしていくしかないのだと思う。

久しぶりにしげになる話を聞かせていただきました。
ありがとうございます。

これから、判断基準はしばらくか、継続的にか、
『スタッフとその家族の幸せ』にとってただしか、正しくないか?に
集約してくることと思います。

何が幸せなのか?
どうすることが幸せなのか?
何を得られれば、幸せか?

また、皆様も感じ取ってみていただきたい。

機会があれば、
本だけではなく、講演を聴く事をお勧めします。

「前を見る。遠くを見る。」

スタッフをその家族の幸せに為に。

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!