55cdbd5b.JPG群馬県 前橋市 歯科 あすなろ歯科の野村です。
こんにちは。

昨日、日本ソフトボールを金メダルに導いたトレーナーの大石益代さんの話を聞いてきました。

ひと言で言えば、
強い意志を持った人ですね。
周囲に頼らず、自分も周囲も自立と自律の意識を持って
臨んだ人でした。

さて、内容。
最強のチーム作りのために

1)強い個が集まって、強い集団になる
大石さんはおっしゃっていました。

強い個が集まって、強い集団になる。

日本人はとかく団結力の名の元に、個をおろそかにしている。
個々が1以上の実力をつける。
補足を補うのではなく、この基準を高める。
試合で動くのは選手!手取り足取り選手に教えてどうする!
常に変化する中で判断し、行動すること。

指示待ち人間ではダメ!
では、指示待ち人間でないとは・・・
自分で修正できる人
自立型志向
自己管理能力を持っている人。
怪我をするのも、体を作るのも自分。鍛えるのも自分。

(エムさんばりに長くなりそう・・・)
個人的見解を述べると

とかく問題が起こると、
と言うより、自分が進もうと思ったときに、自分の思いどうりに事が進まないと、
もしくは、周囲が動いてくれないと。

他人のせい、
周囲が教えてくれなかった、
監督が指示がなかった・・・。

おいおい、誰がプレーしているんだい??

そのチームに入ったのはだれ?
相手を見て、状況判断し、
チームメンバーの様子を感じて
自ら動かなかったのはだれ?

感じて、察知して、その場での判断が生きるうえでは求められる。
「チーズはどこへ消えた」にでてくるねずみ達のように。
そうでなければ、時代の変化についていけない。
時代の流れに、のり遅れる。

2)高い目標設定をする

日本人は努力していればいつか報われると思っている。
日々の努力を重ねれば、いつか優勝できる。
そんな姿勢の持ち主。

そうじゃない。

高い目標から、最終目標から落とし込んでいく。
「考え方を変えること!」
高い目標を持つ事で日々の行動を変えていくんだ!

そう言えば、2~3年前あすなろ歯科に感じた仲良しクラブ。
僕は大嫌いでした。
表面上仲がいいのに、
心の中で言うべきだって思っている、注意すべきだって思っているのに
何も言わない!

それって本当に仲が良いことだろうか?

本当に思うのなら、
相手を思うのなら、
指摘しあえる関係ができるはず!

数年前ミーティングで涙ながらにみんなで話し合った事が思い出される。

その時思った、
熱いチームを創るんだ!
仲良しクラブじゃなく、熱く語り合えるチームを作るんだ!
そう思う時間だった。

今はどうだろうか?
本当に相手を思って行動しているだろうか?
自分達の利益が先になっていないだろうか?

そんな事を思う時間だった。

共進化って話もしていた

周囲に与えて共有する。それによって成長する。
要求する前に、与えているのか?
与えると生まれ、求めれば失う

そうそう、
とかくもらってない、もらってないって人って言いますよね。
情報をもらってない、給料をもらってない、
教えてもらってない・・・。
権利を主張して、義務を果たさずかな。
マストを広げなければ、自分がやりたい事はできない。

なにか与えたんかい?

物じゃなくて、お金じゃなくて
時間と労力をかけて、
なにか相手にできることを。

さて、俺には何ができるのか!
してもらってばかりだぞ!!
動け!自分!!

3)自立型志向

全て自分のせいだと思って受け止める
他人に期待せず、自分に期待する
未来や可能性に期待する

その上で、自分を信じる。
土壇場で自分を信じきれるかどうかが自分の成長を導く。
人を信じ、感謝し、自分を信じられるようになると潜在能力が引き出される。

なかなか、自分のやっている事って、
自分のせいにできないんですよね。
周囲が悪い、環境が悪い、
上司が悪い、部下が悪い・・・。

そうそう、今日もランチ時に隣の席にいた学生さんが、
先輩・後輩の愚痴を言っていたけど、
何の解決にもならないのに。
っておもっちゃいました。

不平・不満・愚痴・文句。
相手に変われ、変われ!って言っているだけでしょう。
ま~言っている間は、気付けないけど。

自分でも気をつけます。

そして、自立型アスリートの育て方

①「学ぶ・知る」上で楽しさを実感させる
②教えずぎない、考えさせる、自分で考えて行動する方向つくり
  待つのが良い指導者の条件
③良い習慣つくり トレーナーに頼りすぎない

う~んこの「待つ」っていうのが苦手ですね。
見かけ上自分でやった方が早く感じるし、
教えてやらせてしまった方が早く感じている事が多いです。

はっきり言って今の僕の課題ですね。「待つ!」

4)逆境だからこそ団結した!

オリンピックで金メダル目指すんだもの、
そりゃ~とんでもない事件も起きるし、
逆境なんてもんじゃない事件がおきたそうで・・・。

でも、そんなとき、苦しい時をのりきったからこそ、
チームが強くなる。
チーム力があがる

試練上等

いつの間にか、チームの合言葉になっていたって・・・。
つき(運)は願っていてもやってこない、
努力した人にしか来ない。

本当の努力、本当の試練を少しだけ知れました。
もちろん、感じたわけではないので、
全ては理解できていません。

5)自分のためではなく、誰かのために勝利する
人は自分のために頑張ったのでは挫折する。
目的の大切さ。
自分を超越した理念の必要性。

目的は「何のために」
目標は「何を目指すか」
目的を持ち、目標を目指せば、苦しい事も頑張れる。

ファンに涙を流してもらえるようになろう!
世界中の人に感動を与えられるよう戦いをする!

そうね、
すぐ人は自分の利益になるか?
自分に損得があるのか考えます。

自分が認められていないとか、
承認されていないとか、
チームに認められていない・・・。
それも、損得ですよね。

そうじゃない。

自分がどう扱われようが、
自分がどんなに非難されようが、
自分を支援してくれる人、自分の支えてくれる人に
感動を与える取り組みをする。

スラムダンクの赤城のような活躍をせねば!

最後に、てっぺんの大島さんの言葉をかりておっしゃってました。

世界一になりたい!と
世界一強く思うチームが
世界一になる

もちろん、あすなろ歯科は
世界一を目指しているわけじゃありません。
日本一って言うけど、日本一を目指しているわけじゃありません。

チーフが僕に先日思いださせてくれました。
「ぶれないもの。」

あすなろ歯科に来院した方々歯を守る。
うちに来てくれた患者様が一生自分の歯で食べられるように、
日々努力すること。

あすなろの患者様が生涯健康であり、
共に、喜びあえること。
そのサポートをし続けていく事が僕らあすなろ歯科の使命である。

常に、どうするか?何をするか?何のためにするのか?
その場で判断し、行動し、学び、改善・成長を続ける事が必要である。

自分の利益を求めていたら、
誰も、感動なんかしてくれない。
患者様に貢献し、地域に貢献し、仲間に貢献する人が
最後に奇跡を起こし、
自分にも相手にも周囲にも勝利を導く。

そう、思う。

長々と読んでくださりありがとう。
久しぶりに熱く書いてみました。

「前を見る。遠くを見る。」

一流に触れて・・・。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!