群馬県 前橋市 インプラント歯科 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
こんにちは。

さて、今日は県内、高崎にてインプラントのセミナーを受けてきました。
様々な医療技術の発展がありますが、
やはり、患者様中心の施術、技術、治療の必要性を感じました。

そのために、術者としては、診断です。

講師の先生は、インプラントの機材を買う前に、
カメラを買ったほうが良い。

と強く訴えてくださいました。

まさに、その通りですね。

診断を行う上で、その場の忙しさでは気づけないことが
写真やレントゲン、模型には映し出されてきます。
それを客観的に診断することが必要ですね。

そして、自分自身にできること、できないこと、
何をわかっていて、何がわかっていないのか?
それに向き合い、そのときできることを提供していく。

開業医では、やってよいことと、できない事を判断するべきです。

歯科を含む医療業界では、「エビデンス」(=施術の根拠)が叫ばれていますが、
それを生かすも殺すも術者しだい。
そして、エビデンスを作り出しているのも術者の意向が反映されている事実。

エビデンスよりも、「コンプラインアス」といった印象を私の中では持ちました。

学んだ事を少しでも、日々の診療のかなで生かしていくことが
時間の有効活用だと思います。

「前を見る。遠くを見る。」

歯科の勉強の必要性を感じます。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!