群馬県 前橋市 インプラント 歯周病 顎関節 託児 矯正歯科 あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も精一杯に生きます!
かかわる方、その方々の未来のために
今できることを探して動け。

昨日の続き。

『責任をとる』というとどういうイメージですか?
責任を負わさせられる。
責任を取らなければならない。

『~ねばならない』
という、
マイナスなイメージが強いと思いませんか?

スタッフにはミーティングで話をしましたが、

責任とは、

英語で RESPONSIBILITY

つまり、

『 RESPONSE(反応)』 + 『 ABILITY(能力)』

『反応する能力』を意味します。

責任をとるとは、
日常の出来事に積極的に反応することです。

何か、目の前で物事が起きた時に、
自分自身で反応することです。

自分の子どもがバスで泣いていたら、『運転手さんに怒られるでしょ』
ではなく、
母親が、自ら行動を起こすことです。

後輩が動かないでいたら、
上司のせいにせず、自ら声掛けをし、
行動を示すことです。

上司に不満があったら、
マイナスな思考で周囲に同意を求めるのではなく、
上司に意見を求めれば良いのです。

つまりはコニュニケーションの完了ですね。

目の前の出来事に感じたこと、違和感、葛藤のおきた出来事に関して、
コミュニケーションを完了させることを
責任をとる。

と言っても良いでしょう。

責任をとる自立した人間を目指しますか?

それとも、

責任を避ける自立した人間を目指しますか?

すべては自分次第です。

「前を見る。遠くを見る。」

僕は、責任をとって自立した人間を目指します!

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!