おはようござます。あすなろ歯科の野村です。

昨日からプロフェッショナルに関して考えている。
以前先輩の先生に言われたことを思い出した。
「プロはプロの意識をもって仕事を」
「同じことを2度言わせるのはまだ許せるが、3度言わせるのはバカだ。」
ストレートな言葉だが、その通りだと思う。

他の先生にこんなことも言われた。
「スタッフには10回でも20回でも言うんだ。そうしても分からないから。」

どちらも正しいように思う。

人と接していて同じことを、同じ内容のことを何度となく言わなければならないことがある。これはこちらの発進した内容が、相手に伝わっていない,もしくは相手がその必要性を感じていないために起こる現象だ。

ところで、「人は常に同じパターンを繰り返している」という話を聴いた。
夫婦ケンカや親子の問題、上司とのトラブルなどいつも同じことを繰り返している。
これは私も同じだ。同じように夫婦ケンカをし、同じようにスタッフを怒っている。
忙しくなると、イライラし、口数が少なくなり、声が小さくなる。そして我慢しきれないと周囲にあたりだす。日々同じことを繰り返している。
これはパターンを変えないと直らない。

話が戻るが、プロとしての仕事はどんなものであろう?
昨日「プロフェショナルとは完璧になることを目指している人」と書いた。これは星野氏の言葉だ。以前宇藤先生には「プロ」という観点に関して教わった。

仕事のプロを目指しているか?歯科医師として、歯科衛生士として、受付としてプロを目指していますか?

自信と誇り、目標を持ち、責任感をもって仕事に望んでいるか。現状に満足していないか。

こんなことを考えていたら寝不足になってしまった。

「前を見る。遠くを見る。」本当のプロを目指して。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!