bf08a7d4.jpg群馬県 前橋市 歯周病 託児 顎関節 インプラント 矯正歯科 かみあわせ あすなろ歯科の野村です。
おはようございます。

今日も精一杯に生きます!
かかわる方、その方々の未来のために
今できることを探して動け。

今日はわたなべ歯科の長山さんの日でした。
診療を見ていただき、
昼からは講義を行っていただき、
診療後には質問とフィードバック。

そして今日はわたなべ歯科院長も同伴で
フィードバックをいただきました。

ありがとうございます。

今日の一番の気づきは
手段で考えるか? 目的で考えるか?
の違い。

はっきり言って
僕はスタッフから「どうしたら良いですか?」って
聞かれることが大嫌いです。

その理由は
1)自分で考えていない。
2)自分がこれから行う行動に関して責任を果たそうとしていない。
3)自ら判断を下さず、依存姿勢である

などの理由を感じていました。

が、

今日の講義でとてもピンときました。

そのように質問する人は、
基本的に、医院の「何のために?」の
目的がわかっていない人だからです。

その場しのぎで、処置方法・対応方法・説明方法。

つまり方法・手段を訪ねてきます。

患者様の目的地にを確認していない。
医院の方向性を確認していない。
自分の提供する価値を認識していない。

などの理由から
その場の手段のみを訪ねてきているからです。

逆に言えば、
医院の方向・目的を理解していれば、
患者様に提供する施術の形は様々で、
その場その場で、その人その人で変わってくるはずなのです。

そのことに対応しようとしていない
医療者としての姿勢が
あすなろ歯科という歯科医院で提供する、医療の価値にあっていないので
私自身が嫌いなのだ。

と気づかされました。

いまさらです。

人に興味を持ち、
それぞれの方の生活にあった医療価値を提供しようとすれば、
おのずと答えはでてくるはずだと
信じているからです。

「前を見る。遠くを見る。」

手段ではなく、目的を果たそう。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!