群馬県前橋市の歯医者 あすなろ歯科の野村です。
こんばんは。

先日食事会に行った時、ふと思いつき、おもむろに
「○○先生、治療早くなったね。」と私が言うと
「何ですか!いきなり!」とS先生。

ふと思い出したので、その場で話をしました。

話を進めるとSドクターは、大学(ちなみに私の母校)で時間があると学生用の練習用の模型を使って練習していたそうです。
そういえば、私も勤務1年目に模型をよく削りました・・・。

ちなみにSドクターは月曜から木曜まで大学勤務。
夜中12時くらいまで、先輩先生と自分の患者さまの技工(入れ歯やかぶせ物作ること)をしています。
良くそんな練習する時間があるものだと感心しますが、
さすがに努力すると人は成長するものだと実感できます。

金曜・土曜とあすなろ歯科にやってきて、速度を院長から要求されます。

もともと、彼女のあすなろ歯科で仕事をする目的の1つに「治療の速度を上げる」というのもがありました。
彼女の目的どうりの速度かどうかは分かりませんが、治療が早くなったことは事実です。

そんなことを書いていて、ふと思い出したのは、
以前勤務していた衛生士が他のスタッフが出勤する前、朝早く来て「仮歯」の練習をしていたことを思い出します。
確か2~3ヶ月毎日、続けていたと思うのですが、すごい勢いで上達していました。

私は、人の努力は報われるものだと思っています。
必ず、誰かが気付き、評価をくれる、認めてくれるものだと思うのです。

評価は他人がするものですし、
周囲の人からの「頑張ったね。」の一言は私も非常にうれしいものですが、
それは、自分が自分にするものではないと思います。

とかく私も「俺は頑張った!」といってしまいがちですが、
それは大きな間違いで、必ず見ていえてくれる人がいるか、もしくは影の努力は必ず後で自分の力になり、実力は向上しているものだと思うのです。

認められたい、褒められたい、プラスの評価を受けたい
そう思うのは当然のこと。
でもそこには人が気付かないところでの努力、
人が見ていても、見ていなくても自分のため、そして周囲のために何かに打ち込んだ・努力した人が初めて手にするものだと私は思うのです。

「前を見る。遠くを見る」

自分にできることは、今・・・

わくわく創造アトリエ 高崎OPEN!

わくわく創造アトリエ
高崎OPEN!