おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

当院でも大きくの患者様が、歯を抜くことにためらいを感じる方が多い。
1本でも多くの歯を残したい、と思うのは当然のことだと思う。
それは、こちら側、歯科医師としても1本でも多くの歯を残して、患者様が快適に食事をすることができれば、そして笑顔で定期的にクリーニングに来院していただければ、うれしいことでもある。
しかし、1本でも多く残すために、別の歯、その1本を抜かなければならないこともある。

昨日、ある患者様、歯周病が重症の方の治療に関して、担当の衛生士が困惑して私に相談に来ました。
「どうしたら、抜歯を受け入れてもらえるでしょうか?」
衛生士は、何度も何度も説明を繰り返し、抜歯の必要性をご説明してきました。
しかし、なかなか理解していただけないとのこと。

前回の治療の際、私も説明しましたが、「また来ます」とのこと。

またきていただけるかもしれない、後日大変な状況になったとき来院していただけるかもしれない。
しかし、本当はもっと前に、改善できるのだ。
そんなひどくなる前に、もっと楽に、もう少し快適にできるのに・・・

それも、こちら(医療サイド)の価値観の押し付けであり、優先事項の提供である。
患者様は歯だけで人生を生きているわけではない。
むしろ、歯科医院にいるとき、食事のときに歯に関して考える程度であろう。

しかし、その担当衛生士の情熱は理解できます。
もっと熱いものを抱えて、患者様のことをもっと考えて、それを伝えて行ってほしいと思います。
熱い情熱は、持っているんです。
それをそのまま大事にしていきましょう。
たとえ、あすなろ歯科を辞めたとしても。

「前を見る。遠くを見る。」みんな情熱をもっています。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!