おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

先週からお伝えしている内容ですが、3月末日で1人のスタッフが辞めることになりました。
開業当初より当院を支えてくれた衛生士です。
とても周囲の方々に優しく、多くのファンの患者さんをつかんでいました。
それだけに残念です。

きれいごとに聞こえるかも知れませんが、残念なのはスタッフを失うこと、患者様を失う可能性ではありません。
衛生士として魅力のなる1人を歯科会から遠ざけてしまったこと、彼女の担当の患者さんを不安にさせてしまうこと、あすなろ歯科で彼女自身を輝かせる事ができなかったことです。

これは、1つには私の能力不足、周囲への配慮、そして周囲を承認していく力不足です。

人は常に認められていたい。存在の承認がほしい。「そこ居ていいよと」言うメッセージを受け取っていたい。
それは、仕事でも、家庭でも。
おそらく今回それを発することができなかったのだと思う。

それでも、熱すぎる、ギャップを感じると言われた、私の情熱やこだわりを伝えて行きたいと思っている。
それは、自分を承認していなければ、周囲の人を承認できないからだ。
自分の事を認め、自分の事が好きで、自分を愛していない人が、周囲を愛することはできないであろう。

スタッフには感謝したい。
私を支え、あすなろ歯科を動かしているのは、今も過去もそして未来も、彼女たちの力によるものだから。

「前を見る。遠くを見る。」周囲の人の存在を認める・・・

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!