b1b11032.JPGおはようございます。あすなろ歯科の野村です。

こんな看板を見つけました。

看板はさておき、

今日は患者さんRちゃん5歳の紹介。
Rちゃんは去年10月からあすなろ歯科に通っています。

むし歯が大きくて、根の治療(神経の治療)になってしまい、昨年11月にちょっと痛い治療になってしまいました。
そのときはできたのですが、その後恐怖心から、治療ができなくなってしまいました。
2回ほど泣いてできないことが続きました。

それでも、お母さんと当院のスタッフ怒ったり、なだめたり、励ましたりで、何とか4回目の来院で、少しだけ治療をさせてもらえました。
そのときはまったく痛くなくできました。

その後、Rちゃんは体を震わせながら、治療を受けてくれ、何とか昨日その歯の治療が終わりました。
まだ他にもむし歯があるのですが、昨日の治療終了後にはスタッフそして私と「ハイタッチ」をして治療が終わりました。

帰り際に玄関を出るとき、Rちゃん「先生バイバイ!!」
大きな声が聞こえたので、思わず私も受付まで出て行って「Rちゃんバイバイ!」

そんな日々のご紹介。

まったく痛くなく治療ができればいいのですが、お子様には理由が分からず、つらいときもあるから大変です。
大変なのは、医療サイド、親御さん、そして本人です。
つらい思いをさせないように、むし歯予防に多くの方が取り組んでもらえるとうれしいです。

「前を見る。遠くを見る。」むし歯は痛くなく予防ができるのです。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!