おはようございます。あすなろ歯科の野村です。

ちょっと歯科衛生士に関して語ります。

皆さん、歯科衛生士って何をしている人かしっていますか?

一般的には歯科医師のアシスタントをするのが、歯科衛生士だと思われがちです。歯科医師が削っている横で、水を吸っているのが仕事、のように思われがちです。
これは間違いです。

歯科衛生士とは、患者様の口腔内(口の中)のプラークコントロールを行うことで、口腔内の衛生管理を行い、患者様の快適な状態を維持し、快適な食生活、患者様の人生のお手伝いをすることが、本来の業務です。

だから、歯科・衛生士!!なのです。

よく、医科でいう、看護士みたいなものと言ってしまいますが、
どちらかというと、作業療法士・理学療法士に近い存在ではないかと思います。

歯科医師と歯科衛生士は独立し、対等な立場で患者様の口腔内に関して相談し、患者様に対してベストな(よりベターな)方法を選択していく形が本来あるべき姿ではないかと思います。

それを、いつまでも歯科医師(私を含め)便利に使ってしまうから、衛生士が自立できないのです。歯科衛生士により自立できるスペースを与え、独立した仕事をしていただく。これが本来あるべき姿なのではないでしょうか?

逆に言えば、歯科衛生士も、もっと自分から改善していかないとダメだと思います。いつまでも歯科医師の指示だけに応じる、自発的に行動しない、責任を持たない。
これでは、いつまでたっても自立したよい環境・充実感は得られません。

「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。」
まず、自分を変えることから。

「前を見る!遠くを見る!」
来年、あすなろ歯科では歯科衛生士専用ユニットを2台作る予定です。

前橋プレイルーム  NEW  OPEN!

前橋プレイルーム
NEW OPEN!